地域の魅力を再発見!【rall.hour】の小旅行(茨城県)

フォトスポット

地域の魅力を再発見!【rall.hour】の小旅行

暮らしのそばを、旅しよう。

茨城県南部に特化した「地域限定旅行業」を実施しているrall.hour(ラールアワー)さん

世界遺産をめぐる旅のような派手なツアーではなく、地域の自然資源や食、文化など日々の暮らしに根付いた魅力を再発見するような、、、そんな地域密着型の新しいツアーを展開しているrall.hourさんについて紹介していきます!

  

rall.hourとは?

残したい自然や暮らし。伝えたい景色や生業。感じてほしい匂いや味。

rall.hour(ラール・アワー)は、茨城県南部をフィールドに、地域の自然資源・食・文化を知る「テーマのある体験旅」を企画運営している、地域に根ざした小さな旅行会社です。

rall.hourホームページから

詳しいrall.hourさんの情報、コンセプトはこちらから👇

 

 

rall.hourの小旅行に参加!

「ゆったり菜の花ウォークと絶景のガーデンテラスで過ごす癒しの1日」(茨城県守谷市付近)

2021年3月25日に開催されたツアーに参加させていただきました!

絶景の菜の花、オシャレなカフェのテラスを貸し切ってのゆったりご飯、ハーブのフットバス、、、盛りだくさんのツアーの詳細を紹介していきます📸

 

9:30 さくら坂VIVACEに集合

今回のツアーは9:30~15:00までの約1日のプランでした!

さくら坂VIVACEでツアーとrall.hourについての簡単な説明をいただき、ウォーキングに出発👟

 

10:15 花咲く祈りの寺 清瀧寺

さくら坂VIVACEから15分ほど歩いたところにある清瀧寺さんに伺いました!

清瀧寺さんは👆写真の通り、猪目模様(ハート柄)が至る所にちりばめられていてとても可愛らしいお寺です🥰

猪目模様とは?::その名の通り、猪の目を象った模様で魔除けや火除けの意味がある模様なのです。

 

桜の季節になると花びらがハート柄に浮かんでとても映えます📸

手水舎にある柄杓には、夢・叶・縁・結などの文字が書かれていて、それぞれ思いにあったものを使えば願いが叶うのだとか…!

 

花桃という1本の木に、紅色、白色、桃色の三色の花を咲かせる品種📸

清瀧寺は「花咲く祈りの寺」と呼ばれている通り、花桃の他にも、ソメイヨシノや牡丹など多くの花々が育てられていて、とても可愛らしいお寺です🥰

 

毎年お彼岸の時期に15日間だけ限定公開されている清瀧寺の「猫入り釈迦涅槃図」(江戸時代後期の作品)

博物館や展示会と違って、ガラス越しや離れた場所から鑑賞するのではなく、超至近距離で図を鑑賞することができます✨

涅槃図(ねはんず)とはお釈迦様が亡くなられた日のことを描いた図で、清瀧寺の涅槃図には通常描かれることのない猫が描かれている大変貴重な涅槃図のようです。

 

〜涅槃図の解説〜

  • 清瀧寺の涅槃図は今から200年ほど前の江戸時代後期に描かれたもので、畳3畳ほどのとても大きなものになります。
  • 涅槃図とは、お釈迦様が亡くなられた日のことを描いた図で、お釈迦様は沙羅双樹の元で頭を北にして西を向き横たわっています。
  • お釈迦様が亡くなられた日は神様、弟子、動物、鬼に至るまで、多くの生き物が嘆き悲しんだとされており、写真の涅槃図上部には阿修羅(中央赤色の三面の神様)や韋駄天(右側合掌している神様)、写真中央左側には緑色をした速疾鬼という鬼が、写真下部には象、ライオン、トンボやネズミなどの動物が描かれています。
  • 象(白色)の背中のあたりに描かれている緑色の動物はサイだそうです。200年前の日本人はサイを見たことがなかったのでこのような姿になったのだとか。
  • お釈迦様が亡くなられた原因は食中毒と言われています。食中毒に罹ったお釈迦様を助けるため、ネズミが天界から預かった薬をお釈迦様に届ける最中に猫と遭遇し、事情を知らない猫に追い回されていたところ、薬が間に合わずお釈迦様は亡くなられたそうです。(猫はその後ひどく悔やんだそうです。)
  • そのような事情から猫は通常の涅槃図に描かれることが少ないのですが、清瀧寺の涅槃図には猫が描かれている大変貴重なものになります。猫は象の下に黒色で描かれています。

清瀧寺の涅槃図にはもっともっと色々な所以などがあります!涅槃図の拝観料は無料でとても優しい住職さんが詳しく解説してくれます☺️

清瀧寺の住職さんはブログを書かれているので詳細はこちらから👇

 

11:15 鬼怒川ほとり菜の花の群生地ウォーキング

清瀧寺から10分ほど歩いたところの鬼怒川のほとりには菜の花の群生地があります!!

今回の旅のメインとも言える絶景の菜の花!斜面には見渡す限りの菜の花が咲き誇っていました✨

菜の花の景色と香りを楽しみながらゆったりとウォーキング👟

お腹が空いてきたところで送迎のバスが来てさくら坂VIVACEまで送ってくれました。

 

12:00 さくら坂VIVACEでお花見弁当

さくら坂VIVACEでテラス席を貸し切り「特製お花見弁当」をいただきました!

本格イタリア料理のお弁当、オリーブやハーブのいい香りのする上品な料理が敷き詰められていて大満足です😋

桜坂VIVACEさんの詳しい記事はこちらから👇

 

13:00 フレッシュハーブの足湯

さくら坂VIVACEで育てているフレッシュハーブを使用したフットバス

ハーブとカモミールのいい香りが漂うフットバスに足を入れればリラックスできること間違いなしです👌

少しだけ肌寒い3月末の風にあたりながらポカポカのフットバスにつかる…!

最高にチルでした!!

 

14:00 シフォンケーキとハーブティー

フットバスでリラックスした後は、さくら坂VIVACE自家製のシフォンケーキとオリジナルブレンドのハーブティーをいただきました!

ふわふわでほんのり紅茶の風味がするシフォンケーキとハーブティー。

甘いシフォンケーキとスッキリした飲み口のハーブティーがよく合います😋

 

15:00 ツアー終了

👆写真は別日に撮影したものですが、日が傾く時間帯になるとテラス席からは絶景が見れます✨

ゆったりと景色を楽しんで今回の小旅行は終了しました!

今回の旅の値段は、昼食代、フットバス代など全部込み込みで大人6,600円(税込)でした!

サクッと一日小旅行に行きたい時などにとてもおすすめです😊

 

 

rall.hourの情報

rall.hourさんの詳細はこちらから👇

rall.hourさんインスタグラム公式アカウント👇

 

今回のようなパッケージツアーはもちろん、rall.hourさんでは希望に沿ったプライベートツアーの受付も行っています。

キャンプや登山、家族連れ、体が不自由な場合などなど、ご希望に合わせてプロの方々が旅のサポートをしてくれます!

 

 

最後に

地域の魅力を再発見!【rall.hour】の小旅行

茨城県南部にフォーカスし、その地域の魅力、文化、地域産業を紹介していくような小旅行。決して派手な旅ではありませんが、rall.hourの小旅行だからこそ発見できるような日々の暮らしの特別感、小さな幸せがあります。

普通の旅行会社とは一味違った「地域」に密着した新しい旅。とてもおすすめです!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました